忍者ブログ

「カラダの関係」のおはなし

訪問ありがとうございます。臨床心理士・占い師・ヒーラーの桜ノ宮サラですemoji

今日は恋愛のついてのことをemoji
Aさん(女性・独身)が恋愛についてのご相談にいらっしゃいました(ご本人に了解を得、特定できないように内容を変えてあります)。

AさんにはBさんという好きな人がいました。

Bさんは独身だけれども、諸事情により結婚は難しい人です。

出逢った時はどこかピンとくるものがたがいにあり、自然な流れで体の関係になったのです。
そして時は経過し、Aさんが年齢的に結婚を視野に入れる頃になり、そこでこう思いました。


「Bさんのことがすごく好き。でも結婚はムリ。でも好きだから別れることも難しい。でもこういう関係って恋人っていうか、、セフレだよね」


そう思うようにすると、Aさんは気持ちがなんだか割り切れたような感じがしてきました。

しかし、ヒーリングを始めると彼女のご先祖様(しかも先祖代々の方々)が出てきてこう言いました

「自分を娼婦みたいに扱うのではない」

 (※ナイトワークの方がいたらごめんなさい。気持ちを表す表現として使っているだけです)

Aさんはその言葉にハッとしました。Bさんとの関係を手玉に取れたように思えたけれども、実は自分で自分の価値を下げてしまっていたのです。


そして、創造主はこう言いました

「そういう形でも彼は本気なのよ」

そこでAさんはBさんが結婚は難しいながらも彼なりに一生懸命愛してくれたことを
思いだしました。Aさんの考え方だと今の関係は割り切ったカラダの関係に思えたのですが、
そのフィルターをはずしてみてみると事実は確かに違ったのです。

そのことに気付いたAさんは、カラダの関係と考えることはやめて、自分はBさんの恋人なんだと思いなおすことができたそうです。

たとえ社会的に公にできない関係であっても、初めから本気で遊びだとか割り切っているだとか
100%確信して始まる関係はあまりないのではないでしょうか(口では言っているかもしれないでですけど)。
もし相手に気持ちがないと分かっていても、気持ちがあっても関係が公にできないとしても、関係が始まり、相手と楽しい時間を過ごせば過ごすほど期待が出てくるのは人の気持ちとしてごく自然なことのように思います。


それと創造主の7層は人間の社会的な契約はないですが、それをそのまま私たちの世界に持ち込むと色々生じてしまいます(ちなみに私は公にできない関係擁護派でもないです)。

そこは社会にいる人間としてしっかり行動しないといけないと思いますが、生まれた愛に罪があるわけもないので、気持ちそのものまで責めないでくださいね

もしそういう気持ちで苦しんでいる方がいたら気持ちについて掘り下げてみるといいと思います。







PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
桜の宮 さら
HP:
性別:
女性
職業:
ふわぷる専門家、臨床心理士、占い師、シータヒーラー・インストラクター
趣味:
人間観察、オーラ観察、肉
自己紹介:
早稲田大学・学習院大学大学院卒。留学後一般企業に勤務するがカウンセラーに転職。臨床心理士として企業・クリニックに勤務。また、心理学をベースにしながらシータヒーリング、タロットを用いたカウンセリング及びコンサルタントも行うなか、心身の繋がりの発見と女性性開花のインスピレーションを得、バストアップ研究に没頭、
4カップアップに成功。
大人になればなるほど
こころとからだが自分やパートナー、家族への愛にあふれる人
でありたいし、そういう人になるためのサポートをしたい気持ちで
日々セッションやセミナー、イベントをやってます。
 
乙女座/A型/土星人/チーター/
性格:理想主義で分析、批判家。凝り性なおたく。肉食でポジティブ。解決志向。個性や素質を活かしていない人をみると悔しい。人生のテーマは愛。

Twitter:salaskrmy (sala sakuranomiya)

リンク
http://vibrator-rotor-ranking-for-women.webnode.jp/

バーコード

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター