忍者ブログ

「膣に指を入れられない女性が多い」「なぜ指を入れる必要があるの?」

ふわぷる専門家 桜の宮さらです。



「膣に指を
 入れたことがない・入れられない」

っていう女性が結構多いっていう
話を助産婦さんから聞いたの。



ちつや子宮をケアする方法は
一般的に広まってきたものの、

「自分のからだなのに
 見たり触ったりするのは抵抗感がある(>_<)」

っていう女性はまだまだ多い様子。



わてくしも考えてみたら
こういう仕事をして、
バストとか子宮ケアをするようになってから
マッサージとかちつトレをしてみたのよね。



だからフツーに生きてたら
未だに自分で膣に触れるってことに
抵抗があったかもしれない。



「え、膣に指を入れる?
なんで?

じゃあ尿道や肛門にも指を入れるわけ?
え、入れないの?

逆になんで?( ゚Д゚)」

って言ってたと思うわ。





なんで膣に指を入れるかなんて
誰も教えてくれないもんね。



なんならお母さんまで
「そんなところ触っちゃいけません!!キー!」
っていうもんね。


その説明をわてくしなりにしようと思う。



まず、
尿道に指を入れない理由。



入らないからw
もし入ったとしても排出するところなので
入れません。



肛門については
指を入れるよって人もいるでしょうけども、
ここでは排出するところってことで
置いておく。



はね、
セックスでは
パートナーのパートナーを
入れるところであり、
出産では赤ちゃんを出すところ
でもありますね。


セックスや出産の有無にかかわらず、
生命力や創造のエネルギーの
通り道でもあります。


愛するもの、
いいものが通る場所
だから
キレイに整えておきたいよね~(#^^#)♥






そして!
女性にとってとっても大きな存在である
女性ホルモン
つくっている子宮(卵巣)が
膣の奥にあります。




この女性ホルモンが乱れると、、



・こころが不安定になったり、
・イライラや落ち込みが続いたり、
・肌やバストが残念になったり、
・更年期障害になったり、
・性交痛がおきたり、
・妊娠しにくくなったり、
・生理不順になったり、
・月経前症候群(PMS)になったり、
・不正出血したり、
・自律神経失調症になったり、



ってことが起きたりするのね。



ほんとさー、
わてくしも年々感じるけど


女性の美容と健康にとって
女性ホルモンて
めっちゃ大事!!!
( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)



これらすべてが関係しているのが
膣and子宮
なんですね。



で、
膣と子宮を元気に、健康にしておくには
何がいいかって言ったら



・あったかくして、
・リラックスして、
・血行もよくて、
・筋肉もちゃんと動く

状態をキープすればいいんです♥



そこで出てくるのが

膣トレやマッサージ。


会陰周辺のマッサージだけでもいいけど、
やっぱり指を中に入れてマッサージすると
最強なんだよね(*^▽^*)



あと、女性にとってとっても大切なことが
もうひとつある。



それは、

自分が気持ちいい
やり方を知ること♥




彼と幸せで温かくて愛をいっぱい感じられる
セックスにするためには
自分がどうしたら気持ちいいのかを
知ることが大切。



だって自分が気持ちよくなくて
彼だけ気持ちよかったら、
そしてそれが毎回だったら、
愛を感じにくくない?
なんだか寂しい気持ちになるかも(''Д'')



そして、どうやったらいいかを彼だけに
任せているのってちょっとヘンだよね。


彼は指を入れるけど
自分は入れないってのも変な話w



自分で自分の研究をするって
あたりまえのことなんだよ(*^▽^*)



そして練習をすることで
彼と愛し合った時に
オーガズムにも達しやすくなるから
一石二鳥♥

(オーガズムの練習をしたい人はこちらの記事どぞ


あとね、指を入れると
今まで見えなかった自分が
見えてくることがあるの。



トラウマや辛い記憶なんかも出てきたりするけど、
なによりも


凛として自信を持った
女王のような自分が

でてくる。

ボンテージの女王じゃなくて、
ありのままの自分というとわかりやすいかもしれない。



頭で考えていたこととかぶっ飛んで、
本当の自分が見えるって感じなの。
何にも揺るがず、自分軸で生きる自分がでてくるの。
これは実感すればわかるよ(*^▽^*)






そんなわけで
膣に指を入れられないってことは
女性として生まれたことや
女性だからもらえる嬉しいことを
受け取れてないってことに
なるの~~。
しかもあんなに沢山よ(ノД`)・゜・。


ちょっともったいないよネ。



いままで
「そんなところ見てはいけない・触ってはいけない」
って思ってたとしたら、それは実はまやかしよ。



膣や子宮は
健全で生命力いっぱいの

すてきな内臓
なんだよ~~(#^^#)。



だって子供が生まれるくらいなんだから
それはもうもの凄いポジティブな力に
決まってるじゃん♪



まずは指を入れず、外側を
マッサージすることからやってみるといいよ。




愛にあふれる半年講座、リニューアル準備中。
お知らせはメルマガから。登録しておいてね!


本当の自分を知って愛と幸せにあふれよう♪
彼に愛されるふわぷる心理学 無料メルマガ」
ブログには書けない裏話や本音も。
イベント、講座の詳細や参加もメルマガから。
【ご登録7大特典】付き!
ご登録はこちらから♪

   

「彼に愛されるふわぷるバストアップ
5日間ベーシックレッスン」

メルマガ同時購読で無料レッスン開始!
申し込みはこちらから♪



すでにメルマガ登録してくれている人は
下の方にあるシェア、いいねしてくれたら

とても嬉しいです!



これらのコンテンツはすべて女性限定となっております。

男性の方・・・ごめんね!



=====参加者募集中!=======
◆第17回タロット練習会
2018年3月4日(日)17-20時@銀座ルーム



◆『こころとからだに働きかける!
  ふわぷるバストケア』

4カップアップしたバストケアレッスンを一冊にまとめました☆

詳細と購入はこちらから!

(※メルマガ登録で割引クーポンあり)




◆個人セッション(ふわぷるバストコンサル
・おまかせ180分)やセミナー(セクシャリティ、女性性男性性)、
キャンペーン、各種お申し込みは

「彼に愛されるふわぷる心理学 無料メルマガ」より。
詳細と登録はこちらから♪




=======================

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
桜の宮 さら
HP:
性別:
女性
職業:
ふわぷる専門家、臨床心理士、占い師、シータヒーラー・インストラクター
趣味:
肉(とくに牛の赤身)
自己紹介:
「世界はキケン!敵!」
という思いの元に

・場と人の空気を読み、
・空手初段になり、
・偏差値80で学校の特待生になり、
・早稲田大学にも現役で入り、
・学習院の大学院にも入り、
・臨床心理士の資格を取り、
・役所や企業、クリニックで勤務後独立し、
・男性からの誘いが絶えない女性になり、


自分を守るために、何かを勝ち取るために
戦い続けていました(無意識だったけど)。
それが安全で幸せになる方法だと思っていたからね。


戦いそのものは楽しかったんです。
やれば確実に結果が出るから。


でも、、
結果が出たら次のステージで
ゼロから始めるって
ことを繰り返すうちに


「これ楽しいか?
予定調和なだけじゃね?
愛や幸せって?
そんなもんホントにあるの?」状態で
こころの底から楽しいことは
なーんもありませんでした。


なぜなら、、
戦い(=外からの評価)に
身も心も集中しすぎたために

・自分がやりたいこと、
・自分が感じていること、
・自分がいいたいこと、

を完スルーして

「本当の自分」で生きることを
していなかったから!


心理学や占い、ヒーリング、
バスト・子宮ケアを
通じて
本当の自分を取り戻したら、


・「こうすべきだ」で生きることをやめて

・「これやりたい!」
・「やりたくないもんはやらん!」
 で生きるようになり、、

その結果

「なんだ~
 愛や幸せにあふれるのって
 楽勝じゃん!(#^^#)」

なったのです。


◎本当にやりたいこと、
◎本当に一緒にいたい人、
◎本当に愛し愛される体験、
◎本当にほしい生活、
◎本当の幸せ、


戦ったり勝ち取ったりする必要はなくて
【本当の自分】を見つめることで
かんたんに、
自然に
目の前に現れてくるよ。


戦うのはもう十分。
そろそろ戦うのをやめて
楽勝で愛と幸せにあふれよう!


そのための
セミナー、タロット会
やってます♪
1万人以上のセッション経験あり。
乙女座/A型/土星人/チーター/

Twitter:salaskrmy (sala sakuranomiya)

リンク
http://vibrator-rotor-ranking-for-women.webnode.jp/

バーコード

ブログ内検索

忍者アナライズ

カウンター